【栃木】市は20日、新型コロナウイルス感染症対策事業として、国の特別定額給付金の対象外となった新生児に1人当たり5万円を支給すると発表した。事業費を本年度一般会計補正予算案に盛り込み、臨時市議会に提出する。

 安心して子育てができるよう生活を応援することが目的。対象は4月28日から来年3月31日までに出生した新生児で、新生児と養育者が1年以上、市に定住することなどを要件としている。申請受け付け開始は8月中旬を予定。

 概算事業費は5千万円。国の地方創生臨時交付金(4500万円)と、市の子ども未来基金を活用するという。