あまびえビーズキーホルダー販売

 【壬生】町社会福祉協議会が運営する障害者就労支援施設「むつみの森」で、新型コロナウイルス退散の願いを込めた「アマビエキーホルダー」が、施設利用者の手で制作されている。

 アマビエは、豊作や疫病に関する予言をすると伝わる妖怪。新型コロナウイルスの感染拡大で疫病よけとして注目されている。

 同施設では施設利用者が、プラスチック製のビーズを並べてアイロンで接着し、妖怪ならぬかわいい顔のアマビエを作っている。ピンクや紫など色違いで8種類。

 出来上がったキーホルダーは16日、雄琴神社で疫病退散のご祈祷(きとう)を受けた。販売場所はむつみの森、道の駅みぶ、町保健福祉センター。(問)むつみの森0282・82・6174。