オンライン会議で企画を説明する運営側の学生たち=19日午後、宇都宮市西原1丁目

 大学生が議員の下でさまざまな経験を積み、政治への意識を高める企画「夏の議員インターンシップ」が19日、始動した。主に県内の大学生55人がオンライン会議アプリを通して交流し、本格的な活動に向けた準備を整えた。

 若者の投票率向上を目指す学生主体のNPO法人ドットジェイピー(本部・東京都千代田区)栃木エリアが主催し、県内では4回目。参加学生は企画に協力する県議、市町議ら計17人の下で約2カ月間、政務活動やまちづくりなど「生の政治」に触れ、9月に同法人の政策立案コンテスト「未来国会全国大会」出場を目指す。