野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は18日、小山運動公園野球場で埼玉と対戦、初先発した成瀬善久(なるせよしひさ)が5回1失点と好投したが、4-6で逆転負けした。通算成績は8勝2分け3敗。

 成瀬は四回まで無安打に抑え、五回に連打と内野ゴロで1失点して降板。2番手の比嘉大智(ひがだいち)が登板した六回に2本塁打を浴びるなど5失点と崩れ、リードを守り切れなかった。

 打線は二回に斎藤尊志(さいとうたかし)の中犠飛と敵失で2点を先制。4点を追う八回は安井勇輝(やすいゆうき)の中犠飛と押し出し四球で2点を返す粘りを見せたが、後続が三振に倒れた。

 次戦は19日午後1時から、茨城県結城市の鹿窪野球場で茨城と対戦する。