2回、足工の慶野が走者一掃の3点適時三塁打を放つ=清原

3回、小山の吉村の内野ゴロの間に三走・伊藤が3点目のホームイン=県営

力投する幸福の科学学園のエース阿座上=清原

4回 宇都宮の岸が勝ち越しの中前適時打を放つ=とちぎ木の花

3回、青藍泰斗の渡辺が適時二塁打を放つ=県営

7回 栃木商の増山の適時打で二走・稲葉(中央)がサヨナラのホームイン=とちぎ木の花

1回、栃工の三走・横山が佐野東の捕手・前原のタッチをかいくぐり2点目のホームイン=県営

2回、足工の慶野が走者一掃の3点適時三塁打を放つ=清原 3回、小山の吉村の内野ゴロの間に三走・伊藤が3点目のホームイン=県営 力投する幸福の科学学園のエース阿座上=清原 4回 宇都宮の岸が勝ち越しの中前適時打を放つ=とちぎ木の花 3回、青藍泰斗の渡辺が適時二塁打を放つ=県営 7回 栃木商の増山の適時打で二走・稲葉(中央)がサヨナラのホームイン=とちぎ木の花 1回、栃工の三走・横山が佐野東の捕手・前原のタッチをかいくぐり2点目のホームイン=県営

 県高校野球連盟主催の「2020年県高校野球交流試合」第1日は18日、県営球場ほかで1回戦8試合を行い、栃木工、足利工がコールド勝ち。そのほか、幸福の科学学園、栃木商、宇都宮などが2回戦に駒を進めた。

 栃木工は打線がつながり10-0の五回コールドで佐野東に快勝。足利工も13-3の五回コールドで宇都宮北を退けた。幸福の科学学園はスクイズで奪った1点を守り切り、茂木との投手戦を制した。

 栃木商は1点を追う最終回、2死二、三塁から増山明弥(ますやまあきや)の左前適時打で小山高専に逆転サヨナラ勝ちを収めた。宇都宮は5-3で高根沢に逆転勝ち。昨秋王者の青藍泰斗は5-1で栃木翔南に快勝した。小山は3-0で足利清風を下し、那須清峰は5-1で那須拓陽に勝った。

 大会第2日は19日、県営、清原、とちぎ木の花スタジアム(栃木市営)の3球場で1回戦8試合を行う。