陸上幕僚監部は17日、宇都宮駐屯地に勤務する30代の男性自衛官1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。宇都宮市が同日発表した男性とみられる。

 同監部によると、男性は感染が確認された妻の濃厚接触者として同日PCR検査を受け、陽性が判明した。現在は発熱などの症状はなく自宅で療養中という。