事故の再現が行われた交通安全教室

 【市貝】プロのスタントマンが事故を再現して危険を伝えるスケアードストレートの手法による交通安全教室(県安全運転管理者協議会など主催)がこのほど、市貝中で行われた。

 生徒約300人が参加。スタントマンたちは、車やトラック、バイク、自転車を使い、自転車に乗用車が追突したりトラックが自転車を巻き込んだりする事故を、迫真の演技で実演して恐ろしさを伝えた。傘を差したりスマートフォンを操作したりしながら自転車を運転すると、事故の危険が高まることも実感させた。

 事故やトラックの内輪差の危険を体感した生徒は「事故の怖さを改めて感じた」「トラックが迫ってくる体験をして、思った以上に怖さを感じた。十分注意したい」などと話した。