片足立ち

前後ホップ

片足立ち 前後ホップ

 身体能力を高めてスポーツの上達につながる、敏しょう性を向上させる運動を紹介します。

 片足立ち

 左右30秒ずつ×1回

 (1)足を腰幅に開いて立つ。

 (2)片方の膝を軽く曲げるように足を上げ、30秒間キープする。足裏は均等に体重をかけるように。

 【アレンジ】

 膝を上げる位置を高くしたり、目を閉じたりすると難易度が上がる。

 【効果】

 体を動かすときに重要なバランス感覚が養われ、よりスムーズに体を動かすことができる。運動不足を感じている大人や、歩いているときに足がよろけがちな高齢者にも効果的。

 前後ホップ

 10回×2セット

 (1)小さめのコーン(500ミリリットルのペットボトルなどでも可)を用意し、コーンの後ろに立つ。足は腰幅程度に開く。

 (2)膝とお尻を曲げて、コーンを飛び越えるように両足で前後に跳ぶ。

 【注意点】高く跳びすぎない。できる限り目標物の近くに着地し、テンポよく速く跳ぶように意識する。

 【効果】

 敏しょう性を高めるのに必要なバランス感覚や、素早く反応する力を鍛える。

(藤本千晶(ふじもとちあき)・セントラルフィットネスクラブ宇都宮トレーナー)