【壬生】新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、町教委は16日、町内全10小中学校の本年度の修学旅行先を首都圏、関西方面から県内、東北方面へ変更すると発表した。

 8小学校の変更先は、日光、那須、福島など。旅行日程は5月から11月に延期となった。当初の旅行先は東京、横浜、鎌倉だった。

 2中学校の変更先は、岩手と宮城、青森と岩手の2コース。旅行日程は5、6月から11月に変更。高校入試が近いため、出発時期を早められるよう調整中だという。当初の旅行先は京都、奈良だった。

 中学校の変更については、保護者アンケートを実施した。旅行先や、修学旅行自体の中止などの希望を調査した。結果を踏まえ、東北方面に決定した。

 また、中学2年のスキー立志式など、他学年で予定していた宿泊学習は中止。代わりに、日帰りの遠足や社会科見学を実施する。