「2020年栃木県高校野球交流試合」(県高校野球連盟主催)は18日、県営、清原、とちぎ木の花スタジアム(栃木市営)の3球場で開幕。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、試合は控え選手と保護者を除いて原則無観客で開催。7イニング制でトーナメントはベスト8までと、通常とは異なる開催方式で行われる。延べ8日間の戦いを前に、組み合わせをA~Hブロック別に2回に分けて展望し、注目選手を紹介する。

■栃木県高校野球特集

Eブロック

 実力伯仲のブロックで一歩リードするのは昨夏8強の石橋。スライダーが武器の右腕山崎巧翔(やまざきたくと)と主砲も担う菅又健二郎(すがまたけんじろう)のバッテリーは強力だ。昨秋16強の宇都宮短大付は好打者福田稔希(ふくだとしき)を中心にまとまりがある。前田恒太(まえだこうた)ら主軸が振れている足利大付と好投手猿橋蓮(さるはしれん)を擁する佐野松桜は初戦で激突。小山北桜、伝統校の大田原なども上位進出を狙っている。