定例記者会見に臨む渡辺市長

 那須塩原市の渡辺美知太郎(わたなべみちたろう)市長は16日の定例記者会見で、市内でのエネルギー自給を目指した「那須野が原グリーンプロジェクト」を発表した。地域新電力の設立を視野に入れた再生可能エネルギーの活用や公共施設の省エネルギー化、気候変動影響への適応などで市内での経済循環を実現し、雇用創出や地域課題の解決を図る。渡辺市長は「まずは特定のエリアや産業で実現を目指したい」としている。

 プロジェクトは、災害や非常時にも強い持続可能なまちづくりの一環。2020年度は情報収集や実現可能性調査を行い、21、22年度に事業計画を策定する。