将棋の藤井聡太七段は16日、大阪市で指された第91期棋聖戦5番勝負の第4局で渡辺明棋聖を破って3勝1敗とし、最年少の17歳11カ月でタイトルを奪取した。