サポーターが見守る中、後半14分にPKを決めて喜ぶ栃木SCのFW矢野(左)ら=15日午後、県グリーンスタジアム

入場口で手を消毒する栃木SCサポーター=県グリーンスタジアム

栃木SCサポーターに検温などを行った入場口=15日午後4時半、県グリーンスタジアム

大宮に勝利し引き上げる栃木SCイレブンを祝福するサポーター=15日午後9時、県グリーンスタジアム

大宮に勝利し喜ぶ栃木SCイレブン=県グリーンスタジアム

大宮に勝利し引き上げる栃木SCイレブンを祝福するサポーター=15日午後9時、県グリーンスタジアム

サポーターが見守る中、後半14分にPKを決めて喜ぶ栃木SCのFW矢野(左)ら=15日午後、県グリーンスタジアム 入場口で手を消毒する栃木SCサポーター=県グリーンスタジアム 栃木SCサポーターに検温などを行った入場口=15日午後4時半、県グリーンスタジアム 大宮に勝利し引き上げる栃木SCイレブンを祝福するサポーター=15日午後9時、県グリーンスタジアム 大宮に勝利し喜ぶ栃木SCイレブン=県グリーンスタジアム 大宮に勝利し引き上げる栃木SCイレブンを祝福するサポーター=15日午後9時、県グリーンスタジアム

 グリスタにサポーターの笑顔が戻ってきた。サッカーJ2栃木SCは15日、宇都宮市の県グリーンスタジアムで今季ホーム初の有観客試合で大宮と対戦し、1-0で競り勝った。降りしきる雨の中、会場には944人が訪れ、今季初の連勝の喜びをチームと分かち合った。

 栃木SCは7月中の来場者をシーズンパスポートや優待チケット保有者らに限定。新型コロナウイルス感染予防対策で入場を席種別に分散、マスク姿の来場者はサーモカメラで検温を行いスタジアムへ入った。

 久しぶりの試合観戦に、サポーターはキックオフが待ちきれない様子。宇都宮市在住、男性(48)は「テレビ画面では伝わらないものがある。高揚感でいっぱい」と笑顔。家族3人で訪れた那須塩原市大原間小6年田代來花(たしろらいか)さん(12)は「ずっとわくわくしていた」と語り、母寿代(ひさよ)さん(38)は「今年はもう見られないかもしれないと不安だった。座っているだけでも選手に気持ちは伝わると思う」と語った。

 黄色いスタンドの期待に応え、栃木SCは1-0で勝利。2席ずつ空けて座ったサポーターは、拍手や持ってきたタオルを掲げて選手たちをたたえた。