新型コロナウイルスの感染予防に有効とされている消毒用アルコール。スーパーやコンビニなど身近な場所にも設置され使用する機会が増えているが、宇都宮市消防局によると消毒用アルコールの多くはアルコール濃度が60%以上で消防法が定める「危険物」に該当するという。アルコールは火気に近づけると引火しやすい性質を持つことから、正しく使用するよう呼び掛けている。

 同局予防課によると消毒用アルコールの主な成分はエタノールなど。アルコールは常温保存でも気化しやすく、火の気があると引火する可能性がある。また空気より重いため、低い場所に充満しやすいという。

 宇都宮市内ではアルコールが原因の火災は発生していないが、県外ではエアコンの手入れでアルコールを吹き掛け、電源を入れた際に発生した電流や静電気に反応して発火する事故が発生した。また消毒液を手に塗った直後、たばこを吸おうとライターを使い、火が手に燃え移ってやけどした人もいたという。アルコール使用中や使用直後はガスコンロ、ライターなどの火元に近づかないことはもちろん、電化製品のすぐ近くでも使わないことが重要だ。

 容器の扱いも注意が必要。ペットボトルなどアルコールに対応していないものに入れると、容器が溶けて破損しかねない。さらに飛散したアルコールが何らかのタイミングで発火し、火が燃え広がる危険性もある。別の容器に詰め替える時は必ず換気し、専用の容器を使うことを心掛けよう。暖まるとさらに気化しやすくなるため、直射日光が当たる場所や高温になる窓辺、自動車内での保管も避ける。アルコールを不用意に拡散させないためにも、容器を落下させたり衝撃を与えたりしないようにして、こぼれた場合は換気をしながら拭き取ろう。

 万が一、広範囲にアルコールが広がった状態で火災が発生した場合、放水すると余計に燃え広がることもある。粉末や二酸化炭素、ハロゲン化物タイプの消火器を用意しておくと安心だ。

 同課は「新たな生活様式が推奨される中で、アルコールの需要は高まっている。一方で使い方を間違うと思わぬ事故にもつながるため、使い方を守って利用してほしい」としている。