14日、米ワシントンのホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領(AP=共同)

 【ワシントン、北京共同】トランプ米大統領は14日、香港の自治抑圧に関与した中国の当局者や機関を対象に制裁措置を定めた香港自治法案に署名し、同法は成立した。中国による香港国家安全維持法(国安法)施行を受けた措置の一環で「香港の自治の消滅に関与した者に責任を取らせる」と非難した。中国外務省は15日猛反発し、報復措置を取ると表明。制裁の応酬となれば米中対立の激化は避けられない。

 トランプ氏はホワイトハウスでの記者会見で、香港に対する優遇措置を終了する大統領令にも署名したと明らかにし「香港は中国本土と同様に扱われる」と強調した。