交通死亡事故の抑制に努めると議会で異例の表明をする芳賀町の見目匡町長

 芳賀町での交通死亡事故多発を受け、見目匡町長は5日、開会中の定例町議会で「悲惨な死亡事故をできる限り抑えるよう努める」と決意を述べた。表明は異例。

 2日には下延生の町道交差点で軽トラックとオートバイが衝突し、オートバイの男性が死亡。今年の死亡事故は3件となり、人口当たりでは県内市町で突出している。