J2栃木SCは11日、千葉市のフクダ電子アリーナで千葉と対戦し、1-0で完封勝ち。今季4戦目にして待望の初勝利を挙げた。通算成績は1勝1分け2敗の勝ち点4。

 栃木SCは前半開始からボールを支配されながらも粘り強い守備で対応。34分にはDF瀬川和樹の左クロスにFW矢野貴章が頭で合わせて1点を先制した。後半は相手が積極的な選手交代で攻勢を強めたが、高い集中力を保ち続けてリードを守り切った。

 次戦は15日午後7時から、県グリーンスタジアムで大宮と対戦する。