野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は11日、足利市営球場で茨城と対戦し、16-2(規定により七回時間切れ)で大勝した。4連勝で通算成績は7勝2分け1敗。ホーム戦では今季初となる有観客試合で128人が来場し、試合を見守った。

 栃木GBは初回に佐藤翔の左前適時打で1点を先制すると、二回は打者一巡の攻撃で4点を追加。新山進也は四回に3点適時二塁打、五、七回に2打席連続本塁打を放ち計9打点を挙げる活躍を見せた。

 守っては先発した手塚俊二が6回無失点と好投。七回に2番手の萩原龍衛が2失点したが、大量リードに守られ、悠々と逃げ切った。

 次戦は12日午後1時から、足利市営球場で茨城と対戦する。