きれのある試技で女子6年形を制した三浦(祇園)=県南体育館

 第14回県スポーツ少年団空手道交流大会兼第37回関東ブロックスポーツ少年団競技別交流大会予選会(下野新聞社など後援)が3日、県南体育館で行われ、小学3年から中学までの男女が学年別に組手と形の2種目で日々の鍛錬の成果を競い合った。 

 男子形6年の日高桜大(ひだかおうた)(清原)と、女子形6年の三浦咲希(みうらさき)(祇園)が大会3連覇を成し遂げた。

 各部門の上位入賞者は、7月に山梨県で行われる関東大会に出場する。