県新型コロナウイルス感染症対策本部会議後、会見に臨む福田知事=9日午後、県庁

県新型コロナウイルス感染症対策本部会議で「危機感を持っている」と話す福田知事(左奥)=9日午後、県庁

県新型コロナウイルス感染症対策本部会議後、会見に臨む福田知事=9日午後、県庁 県新型コロナウイルス感染症対策本部会議で「危機感を持っている」と話す福田知事(左奥)=9日午後、県庁

 新型コロナウイルスの感染者が東京都内を中心に急増していることを受け、福田富一(ふくだとみかず)知事は9日の記者会見で「危機感を持っている」と述べた上で、「県内外を問わず感染防止対策が十分でない場所への外出を控え、東京方面に出掛ける場合はより慎重な行動をお願いする」と呼び掛けた。特に接待を伴う飲食店や、多くの人と接する場所への外出について、改めて注意喚起した。

 同日、県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を県庁で開き、現在の警戒度や今後の対応を協議した。

 県が独自に設けた感染状況に関する警戒度は、3段階で最も低い「感染観察」を維持する。福田知事は新たに各警戒度の状況例を示し、感染観察について「感染者がいない、または少なく、クラスター(感染者集団)が発生した場合でも感染経路が特定・推定でき、病床にも余裕がある」と説明した。

 外出自粛やイベントの開催制限に関する段階的緩和では、10日から新たにイベントの開催規模を拡大。定員数をこれまでの1千人以下から、5千人以下に広げる。感染者と濃厚接触した可能性をスマートフォンに通知する「接触確認アプリ」の周知・利用も求める。

 また県が業界団体などによる感染防止対策を促すために始めた「新型コロナ感染防止対策取組宣言」運動で、福田知事は9日までに50団体が宣言したことを明らかにした。