提供される「レモン牛乳アイス」(左)と「栃木県産とちおとめアイス」

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う臨時休校の影響で夏休みが短くなった小中学生を応援しようと、栃木市は8日、学校給食で栃木乳業(大平町川連)のレモン牛乳などのアイスを提供すると発表した。

 市は授業時数確保のため、夏休みを8月1~16日の16日間に短縮。夏の暑い中で勉強する児童生徒を応援しようと、初めて企画した。