教員たちが統合校の教育を巡り意見を交わした研修会

 2022年度に統合・共学化を控える足利高、足利女子高は9日、統合校の「特色ある教育活動」について考える研修会を足利市有楽町の市民会館で開き、両校の全ての教員約70人が参加した。両校教員が一堂に会して新校の教育のあり方を議論する初めての機会になった。

 両校は学校運営などに関わる各分野ごとに小部会を設けるなどして、準備を進めている。「特色ある教育活動」は新校の根幹のため、全教員が意見、アイデアを交わす場を設けた。