日光市山内の日光二荒山神社は8日までに、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、奥日光の同神社中宮祠で31日~8月7日に予定されていた「男体山登拝講社大祭(登拝祭)」の中心行事である男体山の夜間登山を中止することを決めた。1日に神職や地元関係者らによる神事のみ執り行う。

 夜間登山では例年、8月1日午前0時の登拝門開門と同時に登山者が山頂の奥宮を目指す。多くの人が集まって感染リスクが高まる可能性があることから、今年は奥宮を開けず、夜間登山の解禁も見送る。同神社は「長い歴史の中で初めてのこと。毎年楽しみにしている人が多くいる中で、伝統行事を中止することは大変残念」とした。

 このほか、「扇の的弓道大会」や花火の打ち上げなど期間中の関連行事も中止となる。日中の登山や参拝は通常通り受け付ける。