第91期棋聖戦5番勝負の第3局で初手を指す藤井聡太七段(右)。左は渡辺明棋聖=9日、東京都千代田区(代表撮影)

 藤井聡太七段

 第91期棋聖戦5番勝負の第3局で初手を指す藤井聡太七段(右)。左は渡辺明棋聖=9日、東京都千代田区(代表撮影)  藤井聡太七段

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)に挑む第91期棋聖戦5番勝負の第3局は9日、東京都千代田区で始まった。ここまで2連勝の藤井七段が勝てば、棋聖を奪取し、17歳11カ月の最年少タイトル保持者が誕生する。

 最も若いタイトル獲得は1990年、屋敷伸之九段(48)の18歳6カ月。藤井七段は三冠を持つ渡辺棋聖を相手に、落ち着いた指し手を見せている。14歳でデビューして以来、数々の新記録を打ち立てた高校生プロが快挙達成に挑む。

 藤井七段は、1、2日に行われた王位戦7番勝負第1局に勝利。棋聖戦とのダブルタイトル挑戦となっている。