宇都宮地方気象台は8日午後2時5分、「雷と突風及び降ひょうに関する栃木県気象情報」を発表した。県内ではこれまでの雨で地盤が緩んでいるところや河川の増水しているところがあるため、同日夜遅くにかけて、土砂災害や河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、県内では、同日は引き続き大気の状態が不安定となる見込みで、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど注意が必要としている。