真剣な表情で絵付けに取り組む児童

田中さん(奥)の指導を受け真剣な表情で絵付けをする児童

真剣な表情で絵付けに取り組む児童 田中さん(奥)の指導を受け真剣な表情で絵付けをする児童

 【栃木】県伝統工芸品の「新波(にっぱ)の提灯(ちょうちん)」について学ぼうと、部屋小の4年生19人が7日、ちょうちんの絵付けに挑戦した。

 藤岡町新波で約120年続く「田中提灯店」の4代目田中梅雄(たなかうめお)さん(60)が、歴史や作り方を説明。児童たちは長さ約20センチ、直径約13センチのちょうちんに、魚や花火など思い思いの絵を1時間ほどかけて描いた。

 市のマスコットキャラクターとち介を描いた石川智之(いしかわともゆき)君(10)は「表面がボコボコして線を描くのも難しかった」と職人技に驚いていた。田中さんは「子どもたちは生き生き活動していた。思い出に残るだろう」と笑顔だった。