ソースの自販機と長沼社長

 【足利】ソース製造販売の錦町、月星食品は6日、同社前に自社製ソースを取り扱う自動販売機を設置した。市内はポテト入り焼きそばなどソースの食文化がある地域で、長沼幹雄(ながぬまみきお)社長(47)は「足利の新たな観光名所になってほしい」と期待している。

 同社は家庭用だけでもソース、ドレッシングなど約60種類を製造している。工場に併設した直売所は県外からも買い物客が訪れるが、平日昼間のみの営業で休日の観光客などに対応できていなかった。

 自販機は特注機で、同社の売れ筋商品10種類(300~500円)を24時間扱う。デザインは両側面に同社を代表する「ナチュラルフルーツソース」「焼そばソース」のパッケージをそのまま採用した。