小山南高陸上部

 今まで頑張ってきた分、新型コロナウイルスによって最後の大会がなくなってしまったことは、残念の一言に尽きます。

 長竹康人(ながたけやすひと)先生と一緒に、くじけそうになりながらも、支え合いながらここまで活動してきました。インターハイや関東大会出場を目標に立てている人もいましたし、部活全体の目標「誰からも応援されるチーム」というのもあったので、大会に挑めなくなったというのは無念です。

 部活動だけに熱心になるのではなく、あいさつなどの基本的なことや、提出物をしっかり出すという学校内の姿勢も意識しながら今の代をつくってきました。

 3年生がここまで誰一人欠けることなく続けてこられたことは誇りです。今後2年生は最後まで諦めない心で頑張ってほしいし、1年生には先輩の姿に多くを学んでほしいと願っています。

 振り返れば夏、合宿やプール練習で一生懸命声を出してがむしゃらに練習をやってきたことが一番の思い出です。個人的には部長を任されて最初は不安でしたが、今は人間的にも成長できたと思っています。

 長竹先生、部活のみんな、他校の先生方や友人、ライバルとして戦ってきた人たちや親へ「ありがとう」を伝えたいです。全力で私たちに向き合ってくれて、感謝しかありません。