2回、栃木GBの佐藤が2点適時打を放つ=とちぎ木の花スタジアム

7回1失点と好投した栃木GBの先発・若松駿=とちぎ木の花スタジアム

2回、栃木GBの佐藤が2点適時打を放つ=とちぎ木の花スタジアム 7回1失点と好投した栃木GBの先発・若松駿=とちぎ木の花スタジアム

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は5日、とちぎ木の花スタジアム(栃木市営球場)で神奈川と対戦し、10-1(規定により八回時間切れ)で快勝した。2連勝で通算成績は5勝2分け1敗。

 栃木GBは二回に3四球で1死満塁とし、内山翔太(うちやましょうた)の犠飛と安井勇輝(やすいゆうき)、佐藤翔(さとうかける)の適時打で4点を奪取。八回は佐藤、若松聖覇(わかまつせいは)の長短適時打に敵失も絡み、一挙6点を挙げて突き放した。

 先発登板した若松駿太(わかまつしゅんた)は変化球を軸に7回1失点、7奪三振と好投。八回は山田綾人(やまだあやと)が無失点に抑えた。

 次戦は9日午後5時から、ビジターで茨城と対戦する。