新たにカード化された農業水利施設

 【栃木】県下都賀農業振興事務所は昨年に続いて「農業水利施設カード」を作製、新たなカードも含め7月から同事務所や近隣の道の駅などで無料配布している。管内の歴史ある取水堰(ぜき)などを紹介するカードで、昨年は2カ所を取り上げて各300枚を作製したが、約1カ月で大半を配り終えるほどの人気ぶりだったという。今年は新たに2カ所を追加し、計4種類のカードを作った。

 農業水利施設の役割や重要性を紹介し、農業農村整備事業の理解を促進することなどが目的。カードは縦6.4センチ、横8.8センチで、表面に施設の写真、裏面に施設の概要が記載されている。