8回、長打を放ったスバルの選手(下)が三塁を狙い、クロスプレーとなる。右は全足利の松本、左は青木伊=足利市営球場

七回、全足利クラブの藁谷が犠打を決める。捕手・君島=足利市営球場

8回、長打を放ったスバルの選手(下)が三塁を狙い、クロスプレーとなる。右は全足利の松本、左は青木伊=足利市営球場 七回、全足利クラブの藁谷が犠打を決める。捕手・君島=足利市営球場

 社会人硬式野球の全足利クラブは4日、本拠地とする足利市営球場でSUBARU(スバル、群馬県太田市)と同球場の改修工事完了を記念した交流試合を行い、2-7で敗れた。

 全足利は初回2死一、二塁から岩崎昂佑(いわざきこうすけ)(佐野日大高出)、青木伊織(あおきいおり)の連打などで2点を先制。しかし、先発の中田智暁(なかだちあき)(栃木工高出)が二回に同点の2点本塁打を浴びると、中継ぎ陣が六回に勝ち越し点を献上。打線も二回以降はスバルの投手陣に封じられた。