5日投開票の小山市長選の期日前投票は、4日午後8時に締め切られた。市選挙管理委員会によると、期日前投票総数は1万1261票だった。4年前の前回5649票より5612票増えた。激戦だった8年前の前々回6425票も上回っている。

 新型コロナウイルスの感染防止策として「3密」を避けるためにと、立候補している候補者の両陣営が期日前投票の活用を有権者に呼びかけていたことが、大幅に増えた原因とみられる。