5回、栃木GBの佐藤が右前適時打を放つ=エイジェックさくら球場

5回、栃木GBの佐藤が右前適時打を放つ=エイジェックさくら球場

5回、栃木GBの佐藤が右前適時打を放つ=エイジェックさくら球場 5回、栃木GBの佐藤が右前適時打を放つ=エイジェックさくら球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は3日、栃木市大平町のエイジェックさくら球場で埼玉と対戦し、3-3で引き分けた。通算成績は3勝2分け1敗。

 栃木GBは初回1死三塁から、相手投手の暴投で1点を先制。1点を追う五回には2死一、三塁から佐々木斗夢(ささきとむ)、佐藤翔(さとうかける)の連続適時打で逆転に成功した。

 先発の比嘉大智(ひがだいち)は六回まで4安打2失点と粘りの投球を続けたが、1点リードの七回1死三塁のピンチで二ゴロの間に同点に追い付かれた。打線は七回2死二、三塁、八回は1死一、三塁のチャンスをつくったが、あと一本が出なかった。

 次戦は4日午後1時から、ホームで茨城と対戦する。