感謝状を受け取った猛さん

感謝状を受け取る猛さん

感謝状を受け取った猛さん 感謝状を受け取る猛さん

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして栃木署は3日、栃木県栃木市片柳町1丁目、飲食店経営小島猛(こじまたけし)さん(48)と妻の恩(めぐみ)さん(49)に感謝状を贈った。2人は高齢女性とやりとりする若い男に声を掛け、逃げる様子をスマートフォンで撮影。その写真が容疑者逮捕につながるきっかけの一つになったという。

 同署によると、2人は6月8日午後、同じマンションに住む80代女性が玄関で若い男と話しているのを見掛けた。通帳を渡そうとしているので不審に思い、男に「名刺を見せて」と声を掛けたところ、男は走って逃げた。恩さんは逃走の様子を撮影し、猛さんが110番した。

 男は約2時間後、付近を警戒していた県警機動捜査隊員に発見された。男は無職少年(17)で、この日に市内の別の女性からキャッシュカードを別のカードにすり替え盗んだ疑いで逮捕された。

 感謝状を受け取った猛さんは「もしかしてと思い声を掛けた。身近で起こるとは驚いた」と振り返った。渡辺真(わたなべまこと)署長は「活躍に心から感謝する」と話した。