協定を締結した福田知事(中央)と事業者4社=3日午前、県庁

協定書に署名する福田知事(右)と事業者4社=3日午前、県庁

協定を締結した福田知事(中央)と事業者4社=3日午前、県庁 協定書に署名する福田知事(右)と事業者4社=3日午前、県庁

 県は3日、電気・通信・ガス事業者4社と「災害時における相互協力に関する基本協定」を締結した。災害時のライフラインの早期復旧に向け、平時から連絡体制を確立し、災害時の情報連携や相互協力を行う。都道府県とライフライン事業者が一体的に協定を締結するのは全国初。

 協定を結んだのは、東京電力パワーグリッド栃木総支社、NTT東日本栃木支店、NTTドコモ栃木支店、東京ガス宇都宮支社。昨年9月に千葉県を直撃した台風15号で大規模な停電が発生した際、東京電力が現場への通行や作業員の宿泊施設確保に苦労した教訓から調整を進めてきた。