任期満了に伴う小山市長選は5日投票が行われ、即日開票される。6選を目指す無所属現職の大久保寿夫(おおくぼとしお)氏(71)=自民、公明推薦=と弁護士で無所属新人の浅野正富(あさのまさとみ)氏(63)の一騎打ちで、多選の是非などを争点に選挙戦を繰り広げている。

 新型コロナウイルスの感染予防のため、両氏ともマスクやフェースシールド姿で遊説している。その様子を両陣営がフェイスブックなど会員制交流サイト(SNS)に投稿し、ネット上でも舌戦が活発化している。