【日光】新型コロナウイルスの影響が続く中、地域を盛り上げようと、日光青年会議所(JC)は24日、市内で花火を打ち上げる。「3密」回避のため、会場は非公表。

 日本青年会議所(JCI)などが全国の花火業者と連携し、各所で打ち上げる「一斉花火プロジェクト」の一環。同日は東京五輪が開幕予定だったが延期となり、イベントなどの開催ができない中、リスタートのきっかけとして企画した。日光JCの山田孝(やまだたかし)理事長(38)は「地域の人たちに勇気を与え、新たな一歩を踏み出せる『はじまりの花火』になれば」と意気込む。

 打ち上げは午後8時から約1分半で、4号玉やスターマインなど計50発を予定。

 JCIは同日、たかはらさくらJC(矢板)と佐野JCとも連携し、矢板市内と佐野市内でも花火を打ち上げる。