道の駅ましこでクーポン券を購入する女性(左)

 【益子】町内の宿泊施設と陶芸などの体験施設の利用をセットにした割引率50%の「益子de宿泊&体験クーポン」の販売が1日、長堤の道の駅ましこで始まった。初日は対面販売が25人、電話予約が約75件で計約200セットと好調な滑り出しとなった。

 新型コロナウイルスの影響で減少した観光客を呼び戻そうと、益子焼の窯元や販売店でつくる同実行委員会が企画。5千円で1万円分のクーポン券(1千円券10枚で内訳は宿泊券5枚、宿泊・体験の共通券3枚、体験2枚)を購入できる。県内在住者が対象で1人2セットまで購入できる。

 事業に参加するのは宿泊6施設、陶芸体験11施設、美術館3施設のほか、ナスやトウモロコシの収穫、ブルーベリーの食べ放題、リンゴ狩り、そば打ち体験なども用意されており、クーポン券の購入者が宿泊先と体験施設を選んで直接予約する。

 2セットを購入した真岡市高田、主婦高崎友代(たかさきともよ)さん(69)は「とてもお得なので買いました。8月までに家族と宿泊や体験を楽しみたい」と話していた。

 クーポン券は先着800セットで無くなり次第販売を終了する。(問)同道の駅0285・72・5530。