2点リードの9回に連打を浴びて同点に追い付かれた栃木GBの山田=エイジェックさくら球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は30日、栃木市大平町のエイジェックさくら球場で茨城と対戦し、土壇場に追い付かれ2-2で引き分けた。通算成績は2勝1分け1敗。

 試合開始から雨が降る中、栃木GB先発の若松駿太(わかまつしゅんた)は初回から毎回走者を出しながらも五回を4安打無失点と粘りの投球。打線は六回1死から3連打で満塁のチャンスをつくり、若松聖覇(わかまつせいは)の右前適時打で1点を先制。さらに次打者の一塁邪飛でタッチアップした一走が一、二塁間に挟まれる間に三走の佐藤翔(さとうかける)が本塁を陥れ、2点目を挙げた。

 六回から2番手で登板した山田綾人(やまだあやと)は八回まで無安打に抑えたが、2点リードの九回に長短3連打を浴びて同点に追い付かれた。栃木GBはその裏の攻撃で、2死三塁の好機をつくったが、安井勇輝(やすいゆうき)が二飛に倒れ、サヨナラ勝ちはならなかった。