文部科学大臣表彰の受賞を報告した真岡西小の大越校長(左から2人目)ら

 【真岡】真岡西小の大越武(おおこしたけし)校長らは30日、市役所で、本年度の「子供の読書活動優秀実践校」として文部科学大臣表彰を受賞したことを、石坂真一(いしざかしんいち)市長に報告した。

 報告会では、大越校長が同校での読書活動の取り組みを石坂市長に説明。保護者や卒業生の親らを中心に組織されている二つのボランティア組織と教員、司書らが連携し、図書館の環境整備や読み聞かせなどに当たっていることを説明した。

 石坂市長は「長年にわたりさまざまな取り組みをされ、大変素晴らしい賞を受賞された。これからも他校の模範となるように頑張っていただきたい」と激励。同校図書館担当主任の石岡(いしおか)ひろみ教諭(56)は「ボランティアの協力なしでは受賞できなかった。今後も連携を密に取り、子どもたちが楽しく本を読めるような取り組みを続けていきたい」と話した。