自転車ロードレースの国際レース「第20回ツール・ド・熊野」最終日は3日、和歌山県の太地半島周回コース(104・3キロ)で第3ステージを行い、宇都宮ブリッツェンは鈴木譲(すずきゆずる)が2時間36分5秒で10位に入り、個人総合成績で日本人最高の4位と健闘した。団体総合は18チーム中3位だった。