JR那須塩原駅前の特設周回コースで行われた2019年大会

 自転車ロードレースの国内最高峰ツアー「Jプロツアー(PT)」のエキシビションマッチとして、10月下旬にJR那須塩原駅前で開催を予定していた「那須塩原クリテリウム」が中止されることが29日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルス感染症が影響した。大勢の観客が見守る中で駅前を周回する競技の特性上、万全な感染防止対策や協賛金の募集が難しいことなどが理由という。

【新型コロナ】中止・延期イベント(2020年・県北)

 同日夜の実行委員会役員会で方針を決めた。近く書面持ち回りの実行委で正式決定する。2017年6月の初開催以降、中止は初。

 同クリテリウムは例年6月開催だったが、那須塩原市内最大のイベント「那須野巻狩まつり」に合わせ、今年は日程を10月に変更した。那須野巻狩まつりは既に中止が決まっている。

 同実行委の石原一雄(いしはらかずお)会長は「コロナ禍の現状で開催は困難。感染拡大防止に取り組む那須塩原市に全面的に協力したい」と話す。

 レースは1万人超の観客が見込まれ、コース沿道が過密状態になるほか、運営費の一部として支給予定の市補助金について「市の新型コロナ対策に充当してほしい」との思いがあるという。また「来年の開催に向けた準備期間としたい」として、21年も10月開催を目指す考えを強調した。

 那須塩原クリテリウムは、主にJR那須塩原駅前の県道を使った1周2.1キロのコースを周回。最高時速50キロ超で27周、56.7キロを走る予定だった。