5回、1死満塁のピンチにマウンドに集まる栃木GBのナイン=キョクトウベリースタジアム

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は3日、鹿沼市のキョクトウベリースタジアム(鹿沼運動公園)野球場で群馬と対戦、0-15と完敗した。通算成績は8勝6分け14敗で順位は東地区最下位のまま。

 二回に先発中村恵吾(なかむらけいご)の暴投で先制を許した栃木GBは、五回も1死満塁から右翼の橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)が平凡な飛球を落球するなどミスが絡み4失点。リリーフ陣も群馬打線の勢いを止められなかった。打線も散発2安打と不調。5四球を選びながらも好機で1本が出ないなど、最後までつながりを欠いた。

 次戦は8日、小山運動公園野球場で午後6時から新潟と対戦する。