クラスターが発生したキャバクラ店関係者の感染状況

県内の新型コロナウイルスの感染者数

クラスターが発生したキャバクラ店関係者の感染状況 県内の新型コロナウイルスの感染者数

 栃木県は29日、鹿沼市在住の20代女性と上三川町在住の30代男性の計2人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。2人は、県内初のクラスター(感染者集団)となった宇都宮市宿郷1丁目のキャバクラ店「CLUB EIGHT(クラブ・エイト)」の従業員の家族や知人。同店に関連する県内感染者は計10人となった。県内全体で確認された感染者数は計76人。

 女性は、28日に陽性が確認された同店の30代男性従業員の妻。濃厚接触者として受けた29日のPCR検査で陽性となったが、症状はないという。女性は、27~28日は自宅で過ごしていた。夫婦の子は陰性だった。

 男性は、28日に陽性が確認された同店の20代女性従業員の知人。2人は27日に車で埼玉県内の商業施設に出掛けた後、県内の飲食店で他の知人5人を含む計7人で会食をしたという。男性は体のだるさや微熱などがあるが、軽症という。今後、県は知人5人のPCR検査を実施する。

 県と宇都宮市は30日、同店の系列キャバクラ店「クラブ ‘efu(エフ)」の従業員計9人のほか、クラブ・エイト関係の濃厚接触者計6人に対し、PCR検査を実施する予定。

 県と同市は29日、31件のPCR検査を実施した。累計検査件数は7049件、退院は66人。