小田代原を彩るレンゲツツジ=29日午前11時15分、日光市中宮祠

 奥日光の小田代原でレンゲツツジが見頃を迎え、濃いオレンジ色の花が緑の湿原を彩っている。例年より花付きがよく、あと1週間ほど楽しめるという。

Web写真館に別カットの写真

 湿原を一望できる小田代原展望台付近に自生。29日は徒歩で訪れたハイカーが色鮮やかな花に見入った。小田代原への移動に便利な低公害バスは来月1日に運行を開始する。

 レンゲツツジは戦場ケ原にも点在しており、国道120号沿いで見られる。木道は昨年の台風19号による被害の復旧工事中で一部通行止めとなっている。

 日光自然博物館の職員仲田桂祐(なかだけいすけ)さん(50)は「今年はツツジ類の花付きがあまりよくなかったが、レンゲツツジはきれいに咲いてくれた」と話している。