浅野正富氏

 支持者からは「正義の人」と言われる。

 本人に聞くと「正義って、上からぶら下がっているものじゃなく、互いに話し合って見つけていくものだと思うんです」。

 「市民との対話」を重視する姿勢は、弁護士としてさまざまな問題の解決に当たってきた経験に裏打ちされている。市長選に立候補を決意したのも、市の指定管理者選定問題を巡り「市民の声が市長に届かない」と感じたからだ。