東京五輪のマラソンコースに組み込まれた浅草寺雷門前。右奥は東京スカイツリー=5月31日午後、東京都台東区

旧日光街道の起点で、東京五輪のマラソンコースに組み込まれた日本橋=1日午後、東京都中央区

東京五輪のマラソンコースに組み込まれた浅草寺雷門前。右奥は東京スカイツリー=5月31日午後、東京都台東区
旧日光街道の起点で、東京五輪のマラソンコースに組み込まれた日本橋=1日午後、東京都中央区

 日光街道を世界のトップランナーが駆け抜ける-。5月31日発表された東京五輪のマラソンコースには、日本橋と日光市を結ぶ旧日光街道の一部も含まれる。夏季五輪の花形競技の一つとされるマラソン。世界中のファンの視線が集まるだけに、地元住民からは「歴史ある下町の魅力が伝われば」などと歓迎の声も上がる。

 旧日光街道は徳川家康(とくがわいえやす)が整備を始めた五街道の一つで、日本橋から日光東照宮までの約150キロを結ぶ。日本橋と最初の宿場町「千住宿」の間に浅草があり、沿道にはビルが並ぶが江戸情緒の残る風景も点在する。