大田原女高陸上部

 私たちは最後の大会に出るためにみんなで頑張ってきたので、何も発揮できずに引退となってしまったことは悲しくて悔しい、複雑な気持ちです。でも今までやってきたことはきっとこれから先に生かせるとプラスに考えています。

 大会の代わりに世代交代の「引き継ぎ会」を開き、みんなで気持ちを伝え合ったことで気持ちを切り替えられたと思います。私たちは次の代の後輩たちに、悔いを残さず活動ができるよう、体調管理をしっかりしてけがをせずに1年間を過ごしてくれることを願っています。

 後輩たちから「3年生が私たちの先輩で良かった」と言ってもらえたことは何よりの思い出です。今の陸上部は先輩後輩の枠を超えて伝えたいことを伝えられる、とてもいい関係を築いてこられたと思います。

 2年間で、先輩や先生から、礼儀や周囲の人への気持ちなど、人間性の大切さを特に学び、成長することができました。経験してきたことの大きさを考えると、受験もその先も頑張れる気持ちになっています。

 本当にたくさんの人に支えられてここまで頑張ってこられました。みんながいたから素晴らしい陸上部になったと思います。この仲間と活動できたことは私たち3年生の誇りです。感謝しかありません。みんなありがとう。