野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は27日、茨城県の日立市民球場で茨城と対戦し、6-1で逆転勝ち。2連勝で通算成績を2勝1敗とした。

 栃木GBは0-1で迎えた三回、1死二塁から安井勇輝(やすいゆうき)の二ゴロが敵失を誘い同点に追い付いた。五回は2死から2四球と敵失で満塁の好機をつくり、指名打者のルーカスが左翼席へ今季第1号となる満塁本塁打。六回も1死一塁から安井の左中間への適時二塁打で1点を加えた。

 先発の手塚俊二(てづかしゅんじ)は、五回無失点だった開幕戦に続きこの日も好投。初回は内野ゴロの間に1点を失ったものの、六回を投げ被安打3、1失点に抑え、今季初勝利を挙げた。七、八回はダニエル、九回は橋詰循(はしづめじゅん)が茨城打線を完璧に封じた。

 栃木GBの次戦は30日午後1時から、ホームで茨城と対戦する。