好きなフォークソングに小室等(こむろひとし)さんの「雨が空から降れば」がある。電信柱もポストもフルサトも雨の中 しようがない雨の日にはしようがない…。劇作家の別役実(べつやくみのる)さんの詩が、雨降りのやるせなさをしみじみと描き出す▼梅雨入り後の県内は大雨が続いたり猛暑がやってきたり。毎年のことだが、じめじめとまとわりつくような湿気は不快極まりなく、水不足にならぬ程度の雨が降ったら一刻も早く明けてほしい▼人間の勝手な願いをよそに雨の季節を歓迎する生き物たちは案外多い。カタツムリもその一つだろう。県立博物館の南谷幸雄(みなみやゆきお)さんによれば、高温多湿を好む陸生の巻き貝は梅雨時に活発に行動する。国内で800種、県内では100を超える種類が確認されている▼最も多いのがヒタチマイマイ、大半の種類とは真逆の殻の巻き方が特徴のヒダリマキマイマイは殻が直径4センチにも及ぶ。餌は葉っぱや菌類で、殻を作るためコンクリートから溶け出る石灰をなめているそうだ▼はっきりした科学的データはないが近年、生息数は減少しているらしい。地味な生き物にもかかわらずマニアは結構多く、インターネットで取引も行われているという▼南谷さんいわく「人畜無害で極めて平和的な生き物」。ゆったりと歩を進めるその生き方を、せわしない現代人は学ぶべきかも。